Go #allin

スポーツもストリートも妥協しない。フットボール、オリジナルス、アウトドア、そしてライフスタイルのすべて。合言葉は、「Go#allin」。すべてをかけろ。
originals
世界のストリートアート集団のなかでもとりわけユニークな存在として知られるUndenk。

ベルリンは世界一と言えるほどストリートアートがあふれていることで有名だが、そんなアート界の第一線で活躍するUndenk を2つの映像で紹介する。 先見性に満ちた作品を発表し続けているのは10人のメンバーたち。

パート1では、Undenkの中心的メンバー、マティアス・ポーヴェル(Matthias Povel)、ルーカス&ポール・カンプマン(Lukas and Paul Kampfmann)の3人にベルリンで話を聞いた。 ベルリンストリートアート界のリーダー的存在、ピサ73(Pisa 73)とクリスチャン・ローゼンハーゲン(Christian Rothenhagen)にも会い、Undenkが同世代にどう受けとめられているかを探った。
世界のストリートアート集団のなかでもとりわけユニークな存在として知られるUndenk。

ベルリンは世界一と言えるほどストリートアートがあふれていることで有名だが、そんなアート界の第一線で活躍するUndenk を2つの映像で紹介する。 先見性に満ちた作品を発表し続けているのは10人のメンバーたち。

パート1では、Undenkの中心的メンバー、マティアス・ポーヴェル(Matthias Povel)、ルーカス&ポール・カンプマン(Lukas and Paul Kampfmann)の3人にベルリンで話を聞いた。 ベルリンストリートアート界のリーダー的存在、ピサ73(Pisa 73)とクリスチャン・ローゼンハーゲン(Christian Rothenhagen)にも会い、Undenkが同世代にどう受けとめられているかを探った。
名門ハイパーダブレーベルに所属するロンドン出身のCooly Gは、昨年リリースされたアルバム、“Playin' Me”が話題となり、昨今イギリスで注目を集めているプロデューサー兼パフォーマー。

Coolyが子供と過ごす自宅、仕事場のステージ、そして、かつてセミプロ選手として活躍していたトゥーティング・アンド・ミッチャム・レディースFCのピッチで彼女を取材した。

プロモーター兼ダンスミュージック専門家のゲイモール・アワッド(Gamall Awad)とリンスFM(Rinse FM)のDJ兼プロデューサーのスクラッチャ DVA (Scratcha DVA)も登場。
いよいよクリスマスシーズン。 笑顔が広がり、プレゼントの準備も整い、家族や友だちがはるばる遠方からも駆けつける。 キミがテキトー野郎じゃないなら、日頃の真心や感謝の気持ちを贈り物に託すチャンス。
「タメになるクリスマスのお話 Ebenezer Snoop」は、愛と喪失、後悔、救い、そしてもちろんパーティの物語。 ムービーは、テキトー野郎スヌープとadidas ファミリーがスヌープがなくしたクリスマススピリットを探しに出かける旅の様子をアニメーションで描いている。
このお話は、ムービーが終わった後もさらに続く。 "adidas Ebenezer Youアプリ"で、キミにクリスマススピリットがあるかどうかチェックすることができる。 このアプリで、キミがどれだけテキトーかチェックしてみようか? 「タメになるクリスマスのお話 Ebenezer Snoop」と同じく、キミには、テキトー野郎から抜け出すチャンスが与えられる。 改心し、自身を取り戻す勇気のあるユーザーには、さらにadidasから特別なお知らせが届く。
Facebook で テキトー野郎から抜けだそう。そして、最高のクリスマスプレゼントを見つけよう。
大阪で開催された一夜限りのパーティ"Stripes Sessions"。 DJハドソン・モホークが生み出すビートが響くフロアを、アフロヘアやネオンの光、ジェレミー・スコットのぬいぐるみスニーカーが埋め尽くした。 "Stripes Sessions"の開催は、ベルリン、パリについで大阪は3都市目。adidas Originalsショップ大阪店の10周年を記念するイベントとして盛大に開催。 ハドソン・モホークは、日本の折衷的なストリートスタイルを意識し、古典的なビートと最近のヒット作をミックスさせた独自のサウンドで会場を魅了した。
このクリスマスシーズン、テキトー野郎スヌープがクリスマススピリットを取り戻す、愛と喪失、後悔、救いを綴った、「タメになるクリスマスのお話 Ebenezer Snoop」が登場。
しかし、一筋縄では行かない。 テキトー野郎スヌープが目覚め、脱スクルージしてテキトーから抜け出すまでには長い道のりがある。 この4篇のショートムービーを見る限り、テキトー野郎を改心させるのは大仕事だ。
テキトー野郎スヌープは「めんどくせぇ」とボヤいてばかり! ここでキミもテキトー野郎から抜けだそう!
Jamie Strong、Chris Haycock、Aloe Blaccの3人がロサンゼルスのお気に入りスポットを紹介する。 Jamie は、ロサンゼルス川を下る旅のガイド役に。 Aloe は、若かりし頃に影響を受けたストリートカルチャーとアートについて語る。 そして、Chris と Jamieは、パサデナの蚤の市のショッピングへと向かった。
Jamie Strong、Chris Haycock、Aloe Blaccの3人がロサンゼルスのお気に入りスポットを紹介する。 Jamie は、改装されて生まれ変わった“The Do-Over”の会場へ。 Chrisは、弟のWaldoとともに街のお気に入りのスポットへ向かう。 続きはPart 3でチェック。
2012年春より展開している、「adidas is all in すべてをかけろ。」に続き、2012年秋冬シーズンではアディダス オリジナルスに舞台を移し、“ストリートこそ自己表現の場”をテーマに、 「all originals represent らしさを、楽しめ。」のキャンペーンを開始。本キャンペーンのフィルムは、ニューヨーク、東京、パリ、リオデジャネイロの世界各地のストリートや横断歩道を舞台に、世界的スーパースターであるニッキー・ミナージュやヒップホップアーティストのビッグ・ショーンを始め、アジアを代表するガールズグループの2NE1(トゥエニィワン)、米プロバスケットボール協会(NBA)の年間最優秀選手賞(MVP)を授賞したデリック・ローズ、ファッション界の野生児ことジェレミー・スコット等、豪華なブランドアンバサダー達が出演し話題に!!オリジナリティを主張するスタイルの創造や自分らしさの演出、自身の創造性や独創性を自由に表現することの楽しさ、を感じてもらえるフィルムの仕上がりになっています。このフィルムは、2012年8月1日よりアメリカで公開され、9月にかけて順次、世界中に展開されていきます。
日本でのキャンペーンスタートは、9月中旬予定。お楽しみに!!
ホワイト・スペース・プロジェクトは大成功。最高に楽しいプロジェクトとなった。 各地から寄せられた想像を超える才能豊かな作品の数々にビックリ!
adidasのホワイト・スペース・プロジェクトは、女の子たちが創造力を共有し合う世界規模で展開されたスペース。 クリエイターの表現方法はイラストや絵画にとどまらず、ファッション、料理、ミュージックなど自由にクリエイティビティを発揮してもらった。立ち上げから終了まで興奮の連続だったプロジェクト。特筆すべき代表的な作品は、 台湾から参加したBUBUJOJOによる手の込んだファッションミニドール、ニューヨークのカスタマイズアパレルとスニーカー作品、ブラジルのブロガーたちによる合同展示会、イタリアとノルウェーで開催されたインスピレーショナルなワークショップなど。
ホワイト・スペース・プロジェクトは終了となるけれど、心配無用!adidas Originalsでは、引き続きみんなのクリエイティビティをサポートするため、男の子たちも巻き込んでよりビッグなプロジェクトを展開する予定! 着々と準備中のメインイベントに乞うご期待。作品もただいま大募集。adidas Originals に関連しても、しなくてもOK! 自分の作品に#adidasOriginals または #represent のタグをつけて、Tumblr、Twitter、Instagramに投稿しよう。adidas Originalsのお気に入り作品は、adidas Originalsサイトに掲載予定。
adidas Originalsからの最新ニュースはadidas.com/originalsでチェックしよう。
もっと読み込む