< 最新記事に戻る

グイド・ウンターブルザッハー INTERVIEW

  • グイド・ウンターブルザッハー 1

of
お気に入りのアウトドアスポットは?    大自然! 自然の岩や氷、雪、空気に触れて遊ぶのが大好きなんだ。 夏は最高だね。地元のビルダーカイザー(連峰)とか、ドロミテ山塊とかにクライミングすることが一番かな。 冒険的なラインがあるクラシックなクライミングは、長いこと記憶に残るんだ。 ボクにとって最高に楽しいことは、山で親友たちと素晴らしい瞬間を分かち合うことなんだ。    プロジェクトや大会前はどんな準備を?    最初にプロジェクトを意識する必要がある。そうすると、本当にやりたいっていう気持ちが高まるんだ。 それで、本気になりさえしたら、あとは自然にどうしたらいいのかがわかるんだよ。 モチベーションは、ボクにとって、最も重要な要素のひとつなんだ。他のことはあとからついてくるからね。やる気、ひらめき、強い意志、それがあれば何でもできる。    主な実績は?    ボクにとって一番の実績…、一番印象に残っているクライミングや日々、冒険を挙げればいいのかなあ。 これらの素晴らしい経験は、ボクのやる気の源さ。それがあるから、いつも山に戻ってくることができるし、楽しめるんだ。ボクの中で間違いなく一番のクライミングは、14歳のときに初めて難易度8bのルートを制覇したこと。難易度8b/8b+の「フォイアータウフェ」と8bの「ドナーフォーゲル」の初登攀。ローファーでアレクサンダー・フーバーと一緒に登ったんだ。ビルダー・カイザー(連峰)にある難易度8b+の「デス・カイザー・ノイエ・クライダー」は、3回完登している。あと、マルモラーダにある難易度7bの伝説的なルート「フィッシュ」、トレチーメ(岩峰)のチーマグランデ北壁にある難易度7cの「ファントム」、この2つルートはオンサイトで制覇したんだ。シュライアバッサーファルでは生まれて初めて難易度8c+のルートをクライミングしたし、(南米)パタゴニアでは、アグハポインセノット、セロシュタントハルト、フィッツロイのファストクライミングもした。これらは、間違いなく人生の恋人みたいなものだよ。    次の目標は?    今年の夏に、6週間のパキスタン遠征を予定しているんだ。 仲良しの友達4人と一緒に、グレート・トランゴ・タワーの周辺で充実した時間を過ごしたいな。 ネームレスタワーやトランゴモンク、そのほか名前もついていない"タワー"のような最高品質の花こう岩の塊が、ボクらがクライミングするのを待っているんだよ。 ボクたちの幸運を祈っていてほしい…。そのときまでに、身体コンディションを整え、やる気を高めておいて、地元でもカッコいいことしたいから。    尊敬している人物、影響を受けている人物は?    体の隅々までやる気をみなぎらせている人なら誰でも。また、夢に生きて、自分のしていることが大好きな人。 あと、限界を高めるよう刺激することが大切だと自覚している人。    一緒にアウトドアスポーツを楽しんでいる人は?    友達とか、ボクのような変わり者となら、誰とでも喜んでつるむよ。 ボクの地元周辺は恵まれた場所なんだ。やる気のある若者やベテランがいる素晴らしい環境があるからね。 そのひとりが、アレクサンダー・フーバー。 彼は、ボクにとっておじさんのような存在さ。ボクが子どものころから知っているからね。 彼がいつも意気込んでいるのは、スリリングな初登攀をすること。しかも、その素晴らしい日の祝い方も心得ている。マルクス・ベントラーは、ボクの親友のひとりで、たぶんボクと同じ変わり者だろうね。 ちょうどボクのように、あらゆることに前向きなんだ。 夏には、2人で一緒にダウンヒルバイクや、マウンテンバイクのレースをいっぱいしたよ。ボクたちのいつもの分野じゃないけど、自分の思うに任せて、本当にやりたいと思ったことをすることって、カッコいいじゃない。たとえ、クライミングでも、登山でも、マウンテンバイクでも、スカイダイビングでも、ただ湖をぶらつくだけでもね。 あと、ベアト・カマランダーも、一緒にいると楽しいひとりさ。    "第2"のスポーツは?    ボクの"第2"のスポーツは、フリーライディングかな。 夏は、ダウンヒルバイクに乗って、相棒と一緒に新しいトレイルを探すのが大好きなんだ。 冬は、スキーを持ってどこかに登って、跡のない白いパウダースノーを滑り降りるのが最高。 “命の洗濯”ってやつかな。    休日には、どんなことをするのが好き?    夏の休日には、ヒンターシュタイナー湖をぶらついたり、面白い本を読んだり、夜に友達とバーベキューをしたりするのが好きなんだ。 冬は、のんびりサウナに入って汗を流す;-)(ウインク)。     好きなadidas製品とその理由は?   TERREXPrimaloftJacketさ! 理由は、自分で着てみればわかるよ!!! スタイル、着心地、機能性…。ただスゴいのひと言。    好きな食べ物は?    チロラーグレステル、シュニッツェル、カスプレスクネードル(すべてオーストリア料理)。